So-net無料ブログ作成

シャフリサブス──ウズベキスタンの旅(10) [旅]

 5月14日(火)
 ティムール(1336〜1405)の生まれたシャフリサブスに到着したのは11時。最初に訪れたのが、ドルッティロヴァット建築群と呼ばれる場所で、ここにはティムールの父親が眠っています。だから、「瞑想の家」とも呼ばれるのでしょうか。りっぱなモスクと廟があります。
_DSC0351 2.JPG
 その奥にはいってみます。
_DSC0354グミ科ウズベキスタン固有種.JPG
 中庭にはりっぱなスズカケの古木が。
_DSC0357スズカケノキ古木Platanus orientalis・ハズラティ・イマーム・モスクの中庭.JPG
 ずっと奥にはいっていきます。ドルッサオダット建築群が見えてきます。
 礎石だけが残っているのは、かつてここには広大な建築群があったことを示しています。右に見えるのはティムールが22歳で戦死した長男のために建てたジャハンギール廟です。
_DSC0367.JPG
 その裏手にはティムールの廟もあり、柩もつくられていますが、実際にはティムールは予定していたこの場所ではなく、サマルカンドに葬られました。
_DSC0369 2ティムールの予定廟.JPG
 地元の人たちの信仰を集めるハズラティ・イマーム・モスクです。
_DSC0383 2.JPG
 最初にみたドルッティロヴァット建築群のなかにはいっていきます。
_DSC0391 2.JPG
 中庭はこんな感じ。みやげ物屋が並んでいます。
_DSC0393.JPG
 奥にあるグンバズィ・サイーダン廟には4つの柩があります。ここはティムールの孫、ウルグベクが自分の子孫のために建てた廟です。
_DSC0403 2グンバズィ・サイーダン廟(ウルベルグの子孫の墓).JPG
 その隣、ティムールが建てたシャムスッディン・クラル廟には、ティムールの父が眠っています。
_DSC0404 2シャムスッディン・クラル廟(ティムールの父他の墓).JPG
 その天井は美しく飾られていました。
_DSC0406 2.JPG
 大きな青いドームのあるコクグンバス・モスクのなかにもはいりました。
_DSC0416 2.JPG
 そのあと4、5分バスに乗って、アク・サライ宮殿跡に。遠くにザラフシャン山脈がみえます。
_DSC0419 2.JPG
 巨大なティムールの銅像が立っています。
_DSC0426 2.チムール像とアク・サライ宮殿跡.JPG
 このあたりで、記念撮影を1枚。右の人、弱っちそうです。
IMG_2567.JPG
 ここには、かつて広大な宮殿が建てられていたようですが、いまではアーチの一部しか残されていません。しかし、これをみるだけでも、それがいかに巨大であったかがしのばれます。
_DSC0429 2アク・サライ宮殿跡.JPG
 アーチの壁面にはその当時のタイルが残されています。
_DSC0441 2.JPG
 シャフリサブスの見学を終えたあと、バスで3時間、いよいよサマルカンドへ。途中はすばらしい高原が広がっていました。
_DSC0463 2.JPG
 ロバに乗る老人と少年の姿をカメラに収めます。
_DSC0502.JPG
 ブドウ畑です。後ろの山はザラフション山地。まもなくサマルカンドです。
_DSC0546 2ブドウ栽培ザラフション山地.JPG

nice!(11)  コメント(0)